上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket





基本編
応用防衛編
応用攻撃編

・Operator防衛編←

あけましておめでとう


 ございます。

 なんちゃって初心者講座の最後はOperator編。どのOperatorが使いやすいのか。ではなく、どのOperatorが自分のプレイスタイルに合っているのかを知ろう。そのためには彼らの特性を知る必要がある。私は全Operatorをアンロックしているのだがどれもこれも使っているわけではないのでその一部ではあるが解説できる範囲で簡単に解説していく。"居酒屋でとりあえずビール"という選択肢はありだが、クソnoob初心者にありがちな"とりあえずFUZE"をやめるところからが脱初心者への初めの一歩だ。

2016.1.26に追記。
また、解説はカジュアルルールに準拠するものとする。


Recruit

 新兵。所謂、ウジ虫以下のゴミ野郎だ。いやいや、ゲームを始めたなら誰しもが通る道って?そんなわけないだろ!マルチに来る前にOperator5、6人分の名声は手に入ると何度言えば...よってゴミ。
 装備が自由に選べるという点はあるが、うんうん、もう少し頭を使おうね♡くらいしかもう言うことはない。



防衛


MUTE

 あらゆる遠隔操作デバイスを無効化してしまう防衛の花形であるMUTEを紹介しよう。MUTEかBANDITがいないチームはゴミ以下のうんち!

 私はMUTEを使わないので簡単に受け売りの解説をすると準備フェイズが開始したらすぐにドローンの進路を塞ぎに行こう。他のことは後回しだ。だいたい階段部分とかバリケードを貼った扉の隙間だとかに設置すると通り抜けられない場合が高くなる。階段では手すりに乗ることで回避することもできたりなんだりもするので過信はできないが。もっとも今となっては防衛地点の位置を秘匿することに躍起になる必要はないため大体で構わない。
 突入フェイズでは設置したSignalDisrupterを回収し、補強した壁の裏に置くなどして拠点の守りを固めるべし。基本編からここまで読んできた君にはどういうところに置くべきかはもはや言うまでもないだろう。そこで設置する際の注意点だけ確認する。要は1つで2枚はカバーしようとするのはアホンダラってこと。THACHERを考慮に入れたとしても複数方向から攻められるより1方向に絞るような手を取るべきだ。それと部屋の入り口に置いたままのしょうもない奴はこれまでの人生を一度振り返ってみることを勧める。






SMOKE

 α、β時代は鬼のような強さを発揮していた彼も製品版ではすっかり丸くなってしまったようだ。しかもそのグレネードの中身を結局教えてくれないいじわるおじさんということも発覚してしまった。だから中身は何なんだ。

 このSMOKEがnerfされるかでこのゲームの第一印象が良いかどうかの分水嶺になると考えていたのでとりあえず良かった。このようにRemoteGasGrenadeの威力、範囲共にかなりの弱体化がされ運用方法が攻撃から防衛へと劇的に変わってしまったので、変更前のイメージを未だに持っているのならそれは改めるべきだ。

 まずわかっているとは思うがRemoteGasGrenadeは自分にはダメージが入らないが敵だけではなく味方にもダメージが入ってしまう。Operatorがマスクを付けた外見をしているかどうかは関係ない。
 使い方は主に敵への牽制、ダウン状態の敵への安全なとどめが考えられる。ダメージ量自体にはあまり期待はできないが、体力の自動回復がないことなどを考えると敵の動きが制限されている条件下なら攻撃手段としては有効だろう。それでも投擲時には完全に無防備になるので注意が必要だ。威力が落ちたとはいえ味方がいる場所での使用は最後の手段だ。

 RemoteGasGrenadeはnerfされたがサブ武器のマシンピストルMAC11がやたらと強い。ADS移行時間が短く、レートが高く跳ね上がりが強いが精度が高いため初弾さえ外さなければ十分敵を倒すことができる。メイン武器はFMGよりショットガンにして中距離以降はMAC11という使い分けができるとかなりキルが取れるようになるはず。ただしレートに対して装弾数が少なく、予備マガジンも3、4つしか持っていないため弾の管理はしっかりしよう。




CASTLE

 MUTEが既にいるのならCASTLEは良い選択肢の1つになるだろう。何と言っても彼の持つArmorPanelの堅牢なことよ。こいつは窓や入り口にバリケードを貼る代わりに使うことで展開することができる。所持数は3つ。多くはないがこいつの使い所で戦局は左右されると言ってもほぼ間違いではない。
 ArmorPanelの性能を確認しよう。

・基本的に銃弾は通さないが、GLAZのメイン武器の弾は通してしまう。
・12回のメレー、もしくはSLEDGEのBreachingHammerやASHのBreachingRound、爆発物で破壊することが可能。
・FUZEのClusterChargeを設置し使用することは可能。
・グレネードでも完全に破壊できるが少しでも離れると穴が空くくらいになる。
・ブリーチングチャージで破壊することは可能だが、後ろに設置したデバイスを爆風から防ぐことができる(はずなのだが...)。
・味方が取り外して回収することも可能だが、破壊して外した場合は回収したことにならない。



 だいたいこんなものだ。SLEDGEに対しては弱いが銃弾を無効化し敵の進行を確実に遅らせることができる。味方も自由に外すことができるとは言えチームの動きを阻害しないように気をつけよう。

 相性の良いOperatorはMUTE。もはや補強された壁の防衛はBANDITにお株を奪われたので、壁より窓に貼られたArmorPanelとSignalDisrupterを組み合わせてやるのがベター。何故窓に限定するかはわかっているだろうが反対側から撃ちぬかれないからだ。部屋の入り口にSignalDisrupterを設置するしょうもない奴はいないはずだが...



PULSE

 Siegeじゃハゲに気をつけろって話はよく聞くだろう。それがこのハゲだ。彼の持つCardiacSensorは壁越しに敵の位置を特定可能にするものだ。有効範囲はそれほど広くはないが、上下階の敵を発見できるくらいはある。壁抜きやラペリング中の敵を殺すのも得意だ。ただしCardiacSensorの使用中は無防備になるためいつも以上に音をよく聴き気をつけよう。基本的に立ち回りは敵の裏取りになる。引きこもって使うくらいなら他のOperatorの方が良い。




DOC

 DOCのガジェットはあまりパッとしないがいてくれたら便利な奴だ。そのStimPistolは負傷した味方や人質を遠距離から蘇生するというもの。効果だけを見ればいかにも凄そうだが、負傷した場合は大抵そのまま殺されてしまうため中々使いドコロに恵まれないのだ。とは言え助けられる命もあるわけでその辺りはチームの構成次第。防衛側は設置系ガジェットの優先順位が高いため、能力が競合してしまうROOKとダブらせるのはあまり賢明ではない。

 StimPistolは自分自身が負傷した際にも使用することができる。高体力であることも合わさりDOCを相手に正面からの撃ち合いは気をつけたい。倒したと思っても蘇生している時がよくあり、見た目がROOKと似ているので油断しないようにしよう。さらに使用武器のP90は装弾数が多く継続戦闘能力が高い。

ROOK

 大体の能力はDOCと同じだ。高体力で継続戦闘能力があり単純な撃ち合いに強い。ROOKのガジェットはArmorPack。5つボディアーマーが入っており、着用者は銃弾に対して被ダメージ量を減らすことができる。ここで知っておくべきことは、低体力Operatorは大きくダメージ耐性が上昇するが、高体力Operatorが得られる恩恵は少ないということだ。チームに低体力Operatorが多いならまずROOKを選ぶのは大いにありだ。

 ROOKは単にArmorPackを設置するだけで仕事の半分は終わるため初心者向けと言える。そこで気をつけてほしいのがラウンドが始まったらまず息をするよりも先にArmoPackを設置しろということ。まずは設置、話はそれからだ。準備フェイズが終わってから置くのでは遅すぎる。




JÄGER

 MAGPIEと呼ばれるActiveDefenseが彼の持つガジェットだ。壁や床に設置しておくことでスタングレネードやらフラググレネードやら投擲物なら何でも撃ち落としてくれる。しかし迎撃回数に制限があり、それを超えると機能は停止する。ASHのBreachingRoundの弾、FUZEのClusterChargeまで迎撃対象だ。窓際に設置するとバリケードを貼っていても窓の外に投げられたTHATCHERのEmpGrenadeを破壊することがある。
 設置する時は敵からの死角になる場所を選ぼう。展開シールドの裏に設置するのも悪くない。

 JÄGERは低体力ながら良い武器を使うことができるため戦闘面でも侮ることはできない。防衛側には少ないアサルトライフルに高威力のショットガンでMAGPIEの設置後は積極的に敵を殺しに行っても良いかもしれない。

BANDIT

 MUTEの代わりになり得るのがBANDITの持つShockWireだ。補強した壁、有刺鉄線、展開シールドに設置し触れた敵にダメージを与える。壁に設置した場合、敵がその壁にブリーチングチャージをセットしようとするとセットできないどころか敵にダメージを与えた挙句ブリーチングチャージを破壊してしまう。当然EmpGrenadeの破壊対象だがTHERMITE対策になる。

 ここがShockWireのミソだ。既に設置してしまえばEmpGrenadeで簡単に壊されてしまうだろう。ところがTHERMITEのBrimstoneがセットされた瞬間に反対側からShockWireを設置しても破壊できてしまう。全てを一度で設置するのも良いが1つ手元に残しておくというのも戦略の1つだ。






TACHANKA

 TACHANKAはお前いったいどこの博物館から持ってきたんだというような設置型RP-46軽機関銃を使用することができる。使用するためには一々設置しなくてはならないが180度の方向に射撃することができるためそこまで困らないだろう。また、威力もやたら高く体感で1、2発で殺せるくらいだ。
 自身も高体力かつアサルトライフル持ちのため前線で戦うことができるくらいに強い。RP-46を味方に使わせて自分は前へ出るという手もある。

 ここまで良いこと尽くめな感じだがこのRP-40は見た目以上に場所を取り、設置場所がかなり限られるという性質を持っている。マップによってはほぼ使えないということも大いにある。このことは頭に叩き込んでおこう。

KAPKAN

 高体力に強いサブマシンガン、セミオートショットガン持ちの彼のガジェットはEntryDenialDevice、ブービートラップのことだ。バリケードが貼れる場所にセットし、バリケードに隠れたトラップに気づかなかった敵がかかれば爆発というわけだ。リリース直後は引っかかるプレイヤーも多かったが今では引っかかってくれる敵はほとんどいない。うっかりさんがたまにいるくらいだ。

 というのも本来なら反対方向からはバリケードに隠れて見えないはずなのだが、セットする壁の厚さによって見える場合もあるからだ。抜ける壁であれば壁抜きで破壊できるし、できなくともバリケード越しに撃てば簡単に壊せる。
 それとKAPKANを使用するプレイヤーのほとんどは何も考えていないので敵が警戒するだろう防衛拠点に直接セットしたり、ArmorPanelの裏だろうがセットしたりする奴が多いのもある。少しは頭を使った方が良いのではないだろうか。日常生活に支障をきたしていないか心配になる。

 KAPKAN自身が強いので拠点とは少し離れた場所に巣を作るという立ち回りが要求される慣れたプレイヤー向けのOperatorだということだ。





 今回は防衛側のOperatorを簡単に紹介した。アレコレ書いたが結局は実際に使ってみて色々試してみる他はないのが実際のところ。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【R6 Siege】モニター・SSDを買った話

『How to OSOUJI』 Viscera Cleanup Detail

comment iconコメント

comment avater

Lv.75 ゆう

Re: タイトルなし

> ASHのブリーチング弾でもキャッスルのアーマーパネル壊せますか

もちろん可能です。

2016年01月26日 03:52

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年01月19日 03:50

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。